株式会社ティー・アール・シー

お問合せ電話番号(平日9時~18時/土日祭日を除く)

  • 採用情報
  • アクセス
  • お問合せはこちら
Contents
会社概要
事業所紹介

お問合わせはこちら

会社概要

  • 会社概要・主要取引先
  • 組織図
  • 沿革
  • 経営理念・ビジョン・社訓
社名 株式会社 ティー・アール・シー
本社 〒221-0031神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25テクノウェイブ100ビル8F
電話番号 TEL 045-450-3391 FAX 045-450-3393
代表取締役会長 臼井 英世
代表取締役社長 国枝 一鉄
設立 1986年3月3日
資本金 2,000万円
営業所 つくば営業所〒300-1234 茨城県牛久市中央3-36-12イースタンビル3F
TEL 029-874-6181 FAX 029-874-6182
従業員数 98名(2017年4月現在)
事業内容 (1)インフラ構築導入
(2)運用・保守サポート
(3)システム開発
(4)その他各種サポート、コンサル
加盟団体 神奈川県情報サービス産業健康保険組合

主要取引先

  • 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
  • クボタシステム開発株式会社
  • セコムトラストシステムズ株式会社
  • 中小企業基盤整備機構
  • 日本電気株式会社(NEC)
  • 日立製作所株式会社
  • 日野コンピューターシステム株式会社
  • 富士通株式会社
  • 富士電機ITソリューション株式会社
  • ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社
  • ミツイワ株式会社
  • 公立大学法人 横浜市立大学

※ 五十音順。
※ お客様都合により記載していない場合がございます。

組織図

組織図

沿革

1986年3月
川崎市に事務所設立(システム開発、SEサポート、OP)
1987年4月
つくば学園都市につくば分室を開設
1988年6月
本社を移転
1989年8月
労働省許可一般派遣事業許可を取得
1990年3月
川崎営業所開設
1990年11月
つくば分室移転と同時につくば営業所に拡張
1992年4月
川崎営業所を本社部門に統合
1993年1月
資本金2,000万に増資する
1997年11月
本社を現住所に移転
1998年8月
人材開発室を設置
2005年5月
神奈川税務署より「優良申告法人」に認定
2007年9月
ISO27001取得

経営理念・ビジョン

私たちは国際化社会の中で社員一人一人の自己の成長と企業の安定、発展をはかり感謝と誠意をもって顧客へサービスを提供し社会に貢献しつづける

私達は単に企業発展や、生活の安定向上だけのために働くのでなく、人生を共に歩む者同士として相互に啓発し合って豊かな人間性を養いながら社会環境を作り上げていきます。

お客様に満足していただける商品やサービスを提供なくして、企業の存在はあり得ません。お客様に喜んでいただけることを使命として、「よい商品を、安く、必要な時に」サービス(品質・コスト・納期)できる体制をもって「時代の要請」にあった商品を創り上げていきます。ですから、時には、現在の営業品目の構成のみにとらわれず、サービス(機能)を満たす関連の周辺分野にも進出していくことになります。

そして、企業が存続し発展しつづけることにより、ティー・アール・シーにかかわっております多くの方々に対する責任を果たしていき、社会からの「恵み」に対して応えることになります。

日本は国際化社会の中でも応分の役割を果たしつつ、「地球人」的な視野から、文化や経済の問題をとらえることも大切ですので、私たちも国際性ある「企業人」をめざします。

社訓

1.誠意ある行動/2.人を人らしく遇する/3.一日一進/4.イデーを先行せよ

(1)誠意ある行動
誠意というものは大切なものであることが誰でも判っていることであるが思っていることだけでは駄目です。相手側に対して行動することにより初めて誠意というものが通じるのです。この意識を強くもち行動に移して下さい。

(2)人を人らしく遇する
これは一大事業でありますが、具体的には個人の能力、特性が最大限に発揮でき得る作業環境と機会を持ち、文化的な生活の維持、向上でき得る賃金を支給することが、経営者の社会的な使命である。

(3)一日一進
日々進化、進歩する科学技術や人間の感性、価値観の中では、現状に甘んじることは退化であります。プロとしての精神を続け、あらゆる分野における後継者を開発育成し、出番を与えるのが、管理者の使命である。

(4)イデーを先行させよ
人間らしい行動のひとつは『考える』ことです。わが社は『技術』によって商品を創り出していきますので、一人一人が自らの知恵で問題意識を持って『問題(テーマ)』を解決し、改善して行くのが社員の使命です。
(イデーとは理念、観念などと訳される哲学用語です。)

▲ページTOPヘ